マンションの価値は立地

マンションの価値というのはいったいどこに重きを置いているかというと、やはり圧倒的に立地です。
都心部から程近く、乗り換えの駅が徒歩圏内にあり、また近くにスーパーや公園があったりと住環境が整備されているような立地は、分譲マンションの中でも特に人気が高く買取価格も高いマンションとなります。
一方、人気の無いマンションの条件として車がないと生活できない地域のマンションは総じて地価もマンション買取価格も低い傾向にあります。
理由は地方で暮らす人と都会で暮らす人の生活スタイルを考えたとき、地方で暮らす人の多くは車移動が前提にありますから、通勤通学も車ですし、ちょっとした買い物も車。
つまり車がないと生活出来ないというくらい車に依存した生活を送っているのに対して、都会の人は電車移動が主な移動手段ですから、逆に車を持っている人のほうが少ない傾向にあります。
また最近では自動車免許を持たない若い人も増えてきているので、これから地方都市のマンション事情を考えたとき、車移動が前提の郊外にある地域のマンションの場合、車を持っていない都会の若い人たちはそもそも住めない地域となってしまい、マンションとしての価値という以前に、地域としての活気が失われていくのは目に見えています。
従ってマンションや物件の価格というのは、あくまで人の多く集まる都心までの距離が大変重要で、その距離が近ければ近いほどマンション買取価格や価値は高くなる傾向にあります。

PAGE TOP